どんな治療内容があるかを知ってから自分に合った治療をしてくれる精神科に通おう

精神科に通う前に抱きがちな不安を解消しよう

最近、身の回りの環境が大きく変わる等して精神的に不安定になっていると感じている人はいませんでしょうか。少しでもおかしいと思ったら自分だけで何とかしようとせず、精神科に通うと良いでしょう。ただ、初めて精神科に通う時には色々な不安が付き物だと思います。特に精神科ではどんな治療を行うのだろうと不安に感じる人もいるのではないでしょうか。一般的に、精神科では投薬による治療と専門医によるカウンセリング等の面談による治療が中心に行われます。その際に薬や漢方等の処方は医師が行い、面談等の心理療法は医師やカウンセラーが、他の患者に内容が聞こえないような場所でマンツーマンで行う事が多いため、誰かに悩みを聞かれてしまう心配も少ないです。

症状により様々な治療方法を行う場合もあります

基本的には先述の治療方法が基本になるのですが、症状に応じて様々な治療を行い症状の改善に努めていきます。まずは、同じような悩みを持つ人たちで集まり、体や精神の不調が始まってしまったきっかけや、その後の体験談等を語り合ってお互いの症状の改善に向かっていく集団精神療法というものがあります。その集団で行う治療法の中には、話し合いのみならず簡単な作業やレクリエーション等を伴う作業療法というタイプの存在します。他にも、自身の家族を交えて医師やカウンセラー等と話し合いを行う家族療法という治療法を行っている所も多いようです。こうした症状で改善が見込めない、あるいは医師が本格的な休養が必要との判断を下した場合等には入院を伴う治療を行う可能性もあります。

新宿の精神科では、多種多様な患者が来院します。中でも水商売をしている人やサラリーマンなど場所柄、さまざまな仕事をしている人がいるからです。