ストレスで眠れない?初めての『心療内科』のすすめ

体調の悪さやもやもや感はストレスが原因?

「カラダは疲れているのになんだか眠れない…」「休日でもズンと気持ちが重い感じ」そんな症状はありませんか?現代の日本人はかなりストレスが多い環境に置かれていると言われています。仕事やご近所づきあいなどの人間関係、それに加えてSNSでの付き合いなど、心が休まり安心して過ごす時間がありません。深夜まで眠れない、憂鬱が晴れずになんとなく頭が痛いなど、心のストレスでカラダに症状が出てきた場合は病院に行ってみるのもひとつの方法です。

心療内科と精神科、どちらへ行こう?

『うつ病』や『不眠症』などなんとなく聞いたことのある病名に、わたしも当てはまるかも?と思ったとき、心療内科と精神科、二つの選択肢が出てくると思います。どちらに行けばいいかの判断ですが、ひとつの判断基準として『体調の変化』を基準にしてみましょう。”心がしんどい”という原因が不眠や腹痛という症状として出れば、心療内科。気持ちの憂鬱さだけがズンと残って「全部から逃げてしまいたいな」というに風に気持ちに変化があった場合は、精神科。憂鬱な気持ち自体はどちらの病院も診てくれますが、しんどい時は判断する能力も低下してしまって、どうすればいいかわからなくなってしまいますよね。悩んだときはこういった基準で受診する科を選ぶのもおすすめです。

しんどさは心の風邪!心療内科は恥ずかしくない!

メンタルクリニックと聞くと、敷居が高いように感じたり、なんとなく抵抗があったりと、興味があっても踏み込めないことが多いと思います。ですが、心の不調はカラダの不調と一緒です。風邪のようなものですので、あまり気張らずに。初めての際は電話予約をしてから、ゆっくりと時間を取り診察してもらうのがおすすめです。のんびり自分と向き合って健康になりましょうね。

岡山の心療内科は、問診や投薬治療の他、行動療法やカウンセリングなどを取り入れているところもあります。