心療内科の選び方3選と用意しておくと安心なもの

親身に話を聞いてくれるか

専門知識を持ったドクターとはいえ、人間ですから相性の良し悪しはあります。つらい現状を相談しても軽く受け流されたり、治療方針に意見が通らないようでは悲しいですよね。予め評判を調べておくことも大切です。意見が合わないと感じたら、医院を変えることもご検討ください。

きちんと話を聞いてくれる、信頼できる心療内科医を選びましょう。薬による治療が一般的ですが、効果が出るまでは個人差があり時間がかかることもあります。身体的、精神的に負担が生じる場合、治療方針を変えてもらえる心療内科に相談することを推奨します。

通いやすい場所にあるか

通院場所が遠かったり交通の便が悪いと、通うだけで一苦労です。調子が悪い時、すぐに見てもらえるかも大切なポイントです。自宅の近く、通勤、通学の途中にある通いやすい医院を選ぶようにしたいですね。自分の生活リズムと診察の時間が合っているかどうかも重要です。

自立支援のサポートがあるか

必要に応じて施設や制度を紹介してくれる医院かどうか、事前に知っておくと安心です。条件を満たせば医療費が1/3になる制度もあります。症状のケアだけでなく、社会生活を支援してくれる頼れる心療内科を見つけたいですね。

診察の前に用意しておくと安心なもの

初めて診察を受ける場合は特に緊張されることと思います。医師との会話に不安や緊張がある場合は、気持ちを書いたメモが有効です。何に悩んでいるかや、落ち込んでいる原因に心当たりがあれば、メモに書いておくとスムーズです。緊張しているときはメモを渡すのも手段の一つです。

新宿の心療内科はプライバシーが保護されており、社会復帰できるプログラムを個人に合わせて実施してくれます。