手書きの図面に関するメリットやデメリットはある?

手書きの製図に関することのメリット

CADを使うのなら、手書きの製図が描けるようになっていると大変便利です。手書きの製図のメリットとして、製図の基本を理解できている人だけが描けることでしょう。製図に関して基本的な知識がなければ、正確な物づくりをするための設計図が描けないということになります。製図が正確でないと物づくりは成り立ちません。製図を描ける人は集中力がある人が多いとも言われており、製図を集中的に描けることが集中力を高める結果につながるといえるでしょう。
また、製図や設計の基本が出来ている人の場合、CADを使ったときにミスを見逃すことがありません。そのため、CADを使うときに修正を入れるスピードが速く、完璧な図面に仕上げることができる人が多いといいます。

手書きの製図に関するデメリットとは

CADを使える人にとって、図面の修正や切り取り、貼り付けは簡単なものと言えます。CADでスムーズにできる機能が付いているからです。しかし、手書きの製図では修正が容易ではないところがデメリットといえるでしょう。ただし、手書き図面はCADで取り込むことができるため、以前使っていた図面を修正して新しい製品を作るために役立てる事は可能です。取り込んだ図面の修正や切り取り、貼り付けは簡単にできます。
また、手書きの図面を書くためのスキルをマスターするためには、長期間必要です。年単位で学校に通い、スキルをマスターすることや資格を取ることが必要となる場合もあります。そのため、短期間でスキルをマスターしたいと考える人には向いていません。ただし、一度身につけたスキルは生涯使える事は事実です。

最近の電気CADは、デバイスごとにデバイスデータが埋め込まれています。そのため、CADにて回路図データを作成するだけで、波形シミュレーションができるようになりました。